夏までにあと2ヶ月!?3ヶ月で腹筋をバキバキに割る方法

みなさんこんにちは。この記事を見ている方はおそらく夏までに腹筋を割りたい方ですよね。夏までにあと2から3ヶ月ですが大丈夫です。今回は週4回1日15分で出来る腹筋トレーニングを紹介していきます。ですがその前に腹筋が割れるメカニズムについて説明していきます。腹筋を割るといっても実はみなさんの腹筋はすでに割れているんです。腹筋(正確に言うと腹直筋)と言うのはひとかたまりの筋肉で出来ていてその上に筋(健)が張られていてそこに筋肉が食い込んで腹筋が割れてるように見えるのです。ボンレスハムをイメージしていただければ分かりやすいかと思います。つまりより腹直筋を筋に食い込ませれば食い込ませるほど腹筋が割れて見えると言うメカニズムなのです。ただしいくら筋肉量を増やして食い込ませても皮下脂肪があればその厚みでせっかく鍛えた腹筋が見えないということになってしまいます。ですが今回私が紹介する腹筋トレーニングは筋肉も付き、皮下脂肪も落とすことができるのでその点は心配しなくて大丈夫です。腹筋の割れるメカニズムを理解したところでさっそく具体的なトレーニング方法を解説していきたいと思います。今回私が解説するトレーニングは筋肉量を増やすというよりかは筋密度を高めるトレーニングになっています。なぜそうするかというと筋密度を高めた腹筋のほうが形が美しい綺麗な腹筋になるからです。準備するものはアブローラー(別名腹筋ローラー)と5kgのウェイト(なければダンベルでも構いません。)(ウェイトはサイドクランチのときに持ちながら使ってください。)
まずはアブローラーを10回。(このときフィニッシュのときにおへそを見ることを意識してください)そして次にサイドクランチを両サイド各20回。ノーマルクランチ30回。スクワット20回。スパイダークロール20回。コクーン20回。以上です。週4回 1日15分サーキット形式でこのトレーニングを行ってください。メニュー数は多いですが15分間という短い時間での追い込みトレーニングになるのでさほど辛いトレーニングではありません。これを週4回、1日15分コンスタントに続けることが本当に大事です。個人差は多少ありますが、3ヶ月続けると確実に腹筋は浮かび上がってきます。トレーニングを継続することが一番大変かもしれません。そんな時は腹筋の割れた自分を想像して見てください。ぜひ夏までにバキバキに割れた腹筋を手に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です